自力 ランドセルリメイクへの道 その⑧ナルゲンボトルホルダー

レザークラフト

自力でランドセルをリメイクするため、レザークラフトを始めた超初心者。
その練習の試作品を紹介する。
ペンケース
通帳ケース
小物入れ
パスケース
財布からの、今回は「ナルゲンボトルホルダー」

試作品 ナルゲンボトルホルダー

今回はナルゲンボトルという登山用?のボトルを持ち運ぶホルダーを作成。
ナルゲンボトルは以下のようなもの。

Amazon.co.jp: nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル アウトドアレッド 91182 : ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L トライタンボトル アウトドアレッド 91182を ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。


主に自宅で水を飲むために使っているのだけど、夏になりちょっとそこまで出かける場合も喉が乾いてしまうので、自宅で飲んでいるボトルをそのまま車などに持っていきたいと思って、作ることにした。

普通のペットボトルホルダーなら色々型紙が本に載っているのだけど、ナルゲンボトルはとても大きくて近いものは無く、自力で型紙を作ることにした。
革のテープを組み合わせてカシメで留めるようなデザインにした。
肩がけベルトの取り付け部分はバッグなどに付け替えられるようにナスカンにした。
まず画用紙で形を作ってみて長さを確認してから作成。

革はいつもの1.5ミリ厚のものから切り出す。
最近気が付いたが、やはりあまり良いものではないようで、裏(床面)のモケモケが若干多い。
よく磨いても、モケモケが少ない部分と全然触り心地が違う。多分強度も違う。

テープ状にして作るので、革の面積は少ないが、ヘリが増えるのでヘリ磨きが大変だった。
また、なにも考えず両面カシメ(裏もマルッとしているもの)を使ってしまったので、ボトルに裏の球面が当たり、ケースの内側の大きさが若干小さくなってしまった。底面にまで両面カシメを使ったので安定も悪くなった。なにをやっているんだろう。

見た目は私的にはバッチリ。
色々改善の余地はあるけど勉強になる作品だった。
自分で設計するって大変。

失敗したカシメをはずす

今回初めてカシメの取り付けに失敗したので、カシメの外し方を調べてやってみた。
専用の道具が売っているらしいが、また失敗したくない気持ちなので、自力で頑張った。

↓こちらが専用の道具

Amazon.co.jp: かばん屋さんのキット 金具はずしセット : ホビー
Amazon.co.jp: かばん屋さんのキット 金具はずしセット : ホビー

カシメの構造のことはよくわからないけど、とにかく上側のカシメの真ん中に、丸ギリを当ててハンマーでそっとトントン打ち込む。すると、表と裏のカシメがずれて外れるのだが、その時に裏側のカシメが落ちるような台座の上でトントン行わなければならない。
カシメのサイズに合わせて道具を探す必要がありそうだ。
今回は特大カシメだったので、手持ちの「ハトメ打具の台」の裏の穴がちょうど良さそうだった。


ただ、柔らかい革の時はカシメを叩くと、台座のせいで革に跡がついてしまいそうだ。
作業する時はそうっと、やるべし。

ナルゲンボトル用のフック付きのカバーなら売ってる。

Amazon | NALGENE(ナルゲン) 広口1リットル用ケース BottleSleeve | NALGENE(ナルゲン) | ジャグ
NALGENE(ナルゲン) 広口1リットル用ケース BottleSleeveがジャグストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: SEIWA 誠和 トコノール レザークラフト用 革の床面・コバの仕上剤 120g 無色 SWA31505 : ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: SEIWA 誠和 トコノール レザークラフト用 革の床面・コバの仕上剤 120g 無色 SWA31505 : ホーム&キッチン