自力 ランドセルリメイクへの道 その④通帳ケース

レザークラフト

自力でランドセルをリメイクするため、レザークラフトを始めた超初心者。
その練習第2号。

試作品② 母の通帳ケース とその試作品

母の日が近かったこともあり、調子に乗ってリクエストしてもらった。
「通帳ケース」が欲しいとのこと。

革に通帳をあてたりして、自力で型紙を作り作成することにした。

革は東急ハンズ池袋店の山羊革の端切れ。厚さは1mmくらいだと思う。
これまでに使った革とは全く違って、柔らかくてブヨブヨ、しっとりした感じ。

バネホック(パッチン留め)をつけると裏側に金属の部分が出てしまうので、そこに大事なものが当たらないようにする必要がある。どのような設計にするか迷った。
自分で設計すると作成手順も考えないと、縫い直しが必要になったりする。(私は考えるより手を動かしたいタイプなので案の定、縫い直した)

また今回のように薄い革だったり柔らかい革だと、糸を引っ張る時の力加減が大事。

キーホルダーも自分で型紙を作って作成。
真ん中に一枚皮を挟んでぷっくりさせている。

これを作るあたりで思ったのが、
革選び重要だなということ。

母の通帳ケースとキーホルダー
通帳ケース試作品

試作品でたくさん失敗して、本番ではなんとかスムーズに作ることができた。
試作品の縫い目もまだまだガタガタ。
プレゼントする方を縫っているあたりで、縫い方をなんとなく悟り、解説本の言っている意味がわかってきた。縫う手順が一定になり、縫い目が徐々に揃ってきた。

レザークラフト技法事典―クラフト学園虎の巻 | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでのレザークラフト技法事典―クラフト学園虎の巻。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またレザークラフト技法事典―クラフト学園虎の巻もアマゾン配送商品なら通常配送無料。