『翔んで埼玉』は、埼玉県だけでなく首都圏全域をディスりまくる最高のエンタテインメントだった

レビュー

松竹の映画館クーポン券が一枚、手元にあった。
期限は2019年3月31日、つまり今日だったので、自宅近くのMOVIX川口という映画館へ足を運んだ。

グリーンブック』にするかどうか直前まで悩んだが、『翔んで埼玉』を観ることに決定。
結果的には大変満足だった。

映画の冒頭で真っ先に現れたのは「埼玉県 川口」という地名。
東京と埼玉の境界。私が今まさに映画を観ているこの地のことである。

映画の中では、その川口に「関所」が設けられている。
通行手形を持っていないと関所を通ることは許されない。
関所の向こう側「東京都」は、高層ビルが立ち並ぶ優雅で高貴な大都会エリア。
関所のこちら側「埼玉県」は、見渡す限り荒れ地が広がる低俗で不潔なド田舎エリア。

東京に住む貴族たちにとって、「埼玉」はその地名を口に出すのもはばかられる不浄なもの。
埼玉出身者は「埼玉県人」と呼ばれ、蔑まれ、虐げられ、ボロボロの服を着せられ、掘っ立て小屋に住まわされ、「そこらへんの草でも食わせておけ」と言われる存在。

密かに東京都内に紛れ込んだ埼玉県人は、取り締まりの際に機械でピピピッと見分けられて「貴様、埼玉県人だな!」と捕えられる。また「本当に埼玉県人でないというならばこれを踏んでみせろ!」と、草加せんべいによる踏み絵にかけられてしまう。

なんと残酷なことに、その草加せんべいには「シラコバト」の絵まで描かれているのだ。シラコバトは『埼玉県民の鳥』として指定されている、埼玉県内ではメジャーな鳥である。

俺も思う。
埼玉県出身の人はそれを踏めるわけがない。
絶対に。

いやー、まったく、痛快だ。
「埼玉県人」である我々観客たちも、なぜか笑いが止まらない。

だが東京都民も決して安心して観てはいられない。
東京都内だってエリアによってランク分けされており、

田無
八王子
狛江
町田
西葛西

あたりは、かなり低い扱いを受けている。
「西葛西って千葉だと思ってたわ~♪」ってな感じだ。
俺の元上司が西葛西の出身だったっけなー・・・。ジワジワくる。

終盤、埼玉軍と千葉軍の決戦シーンでは互いに「地元出身の有名人自慢」が始まるのだが、千葉軍が繰り出した有名人の中では

小倉優子(茂原)
小島よしお(稲毛)

あたりが、千葉大学出身の私は耳慣れた地名にジワジワきた。

一方の埼玉軍の方からは

反町隆史(さいたま)
竹野内豊(所沢)

も飛び出す。
ビーチボーイズじゃねーか。Forever Your Loveじゃねーか。二人とも海無し県の出身だったのか。世代的にジワジワである。

映画の中では関東地区の全ての都県が登場し、どの都県も漏れなくディスられているので、埼玉に土地勘のある人だけでなく、あまり土地勘の無い人でも楽しめる内容になっていると思う。

個人的に最高の萌えポイントは、麻生久美子さん演じる「千葉県出身で物腰穏やかな清楚系の美人ママ」が、『チバラキ』という単語を聴いた途端にヤンキー丸出しでブチ切れ始める場面だった。

今、軽く調べたところ

埼玉県の人口:715万
千葉県の人口:614万

つまり、両県あわせて日本の人口の約1割。その人達がこぞってこの映画を観てくれるだけでも、興行としては大成功だろう。そしてこの映画はきっと大成功するぞと確信できる、最高のエンターテインメント作品として仕上がっているように感じた。


映画『翔んで埼玉』公式サイト
原作:魔夜峰央(まやみねお) 累計発行部数62万部突破! 『翔んで埼玉』奇跡の実写映画化決定! 前代未聞!愛と爆笑の“埼玉ディス映画”遂に始動!! 2019年2月22日(金)ロードショー
映画『グリーンブック』公式サイト
1962年。天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、〔黒人専用ガイドブック<グリーンブック>〕を頼りに、あえて差別の色濃い南部へコンサート・ツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは? まさかの実話! 2019年3月1日(金)全国ロードショー
上映スケジュール【公式】|MOVIX川口
MOVIX川口の上映スケジュールを掲載しています。上映・公開予定作品の紹介や劇場の上映スケジュールだけでなく、映画のお得なキャンペーンやイベント情報、チケット購入方法など、知りたい情報が満載です!

コメント