networksetup -help 日本語訳

PCアザラシ Mac

networksetupコマンドのヘルプ全体の日本語訳が見つからなかったので、取り急ぎGoogle翻訳に通した結果をそのまま貼り付けておく。

日本語訳

networksetupヘルプ情報
-------------------------------
使用法:networksetup -listnetworkserviceorder
接続が試行される順序で、対応するポートとデバイスを使用してサービスを表示します
ネットワークに。アスタリスク(*)は、サービスが無効になっていることを示します。

使用法:networksetup -listallnetworkservices
サービスのリストを表示します。アスタリスク(*)は、ネットワークサービスが無効になっていることを示します。

使用法:networksetup -listallhardwareports
対応するデバイス名とイーサネットアドレスを持つハードウェアポートのリストを表示します。

使用法:networksetup -detectnewhardware
新しいネットワークハードウェアを検出し、ハードウェア上にデフォルトのネットワークサービスを作成します。

使用法:networksetup -getmacaddress <ハードウェアポートまたはデバイス名>
指定されたハードウェアポートまたはデバイスのイーサネット(またはWi-Fi)アドレスを表示します。

使用法:networksetup -getcomputername
コンピューター名を表示します。

使用法:networksetup -setcomputername <名前>
コンピューターの名前(有効な場合)を<name>に設定します。

使用法:networksetup -getinfo <networkservice>
IPv4アドレス、IPv6アドレス、サブネットマスク、
ルーターアドレス、<networkservice>のイーサネットアドレス。

使用法:networksetup -setmanual <networkservice> <ip> <subnet> <router>
<networkservice> TCP / IP構成を手動に設定し、IPアドレスをipに設定します。
サブネットマスクはサブネットに設定され、ルーターアドレスはルーターに設定されます。

使用法:networksetup -setdhcp <networkservice> [clientid]
<networkservice> TCP / IP構成をDHCPに設定します。あなたは設定することができます
DHCPクライアントIDをオプションの[clientid]に変更します。 [clientid]に「Empty」を指定してください
DHCPクライアントIDをクリアします。

使用法:networksetup -setbootp <networkservice>
<networkservice> TCP / IP構成をBOOTPに設定します。

使用法:networksetup -setmanualwithdhcprouter <networkservice> <ip>
<networkservice> TCP / IP構成を、IPアドレスが設定されたDHCPルーターで手動に設定します
IPに。

使用法:networksetup -getadditionalroutes <networkservice>
<networkservice>に関連付けられた追加のIPv4ルートを取得します
使用法:networksetup -setadditionalroutes <networkservice> [<dest> <mask> <gateway>] *
<networkservice>に関連付けられた追加のIPv4ルートを設定します
1つ以上の[<dest> <mask> <gateway>]タプルを指定する。
引数を指定せずに追加のルートを削除します。
<gateway>が ""の場合、ルートはインターフェースに直接接続されます
使用法:networksetup -setv4off <networkservice>
<networkservice>でIPv4をオフにします。

使用法:networksetup -setv6off <networkservice>
<networkservice>でIPv6をオフにします。

使用法:networksetup -setv6automatic <networkservice>
IPv6情報を自動的に取得するようにサービスを設定します。

使用法:networksetup -setv6LinkLocal <networkservice>
リンクローカルにのみIPv6を使用するようにサービスを設定します。

使用法:networksetup -setv6manual <networkservice> <address> <prefixlength> <router>
IPv6情報を手動で取得するようにサービスを設定します。
<address> <prefixLength>と<router>を指定します。

使用法:networksetup -getv6additionalroutes <networkservice>
<networkservice>に関連付けられた追加のIPv6ルートを取得します
使用法:networksetup -setv6additionalroutes <networkservice> [<dest> <prefixlength> <gateway>] *
<networkservice>に関連付けられた追加のIPv6ルートを設定します
1つ以上の[<dest> <prefixlength> <gateway>]タプルを指定する。
引数を指定せずに追加のルートを削除します。
<gateway>が ""の場合、ルートはインターフェースに直接接続されます
使用法:networksetup -getdnsservers <networkservice>
<networkservice>のDNS情報を表示します。

使用法:networksetup -setdnsservers <networkservice> <dns1> [dns2] [...]
<networkservice> DNSサーバーを<dns1> [dns2] [...]に設定します。任意の数のDNSサーバーを使用できます
指定。 <dns1>に「Empty」を指定して、すべてのDNSエントリをクリアします。

使用法:networksetup -getsearchdomains <networkservice>
<networkservice>のドメイン名情報を表示します。

使用法:networksetup -setsearchdomains <networkservice> <domain1> [domain2] [...]
<networkservice>ドメインネームサーバーを<domain1> [domain2] [...]に設定します。任意の数のドメイン名
サーバーを指定できます。 <domain1>に「Empty」を指定して、すべてのドメイン名エントリをクリアします。

使用法:networksetup -create6to4service <newnetworkservicename>
<newnetworkservicename>という名前の6から4のサービスを作成します。

使用法:networksetup -set6to4automatic <networkservice>
6から4の情報を自動的に取得するようにサービスを設定します。

使用法:networksetup -set6to4manual <networkservice> <relayaddress>
6から4の情報を手動で取得するようにサービスを設定します。
リレーアドレスに<relayaddress>を指定します。

使用法:networksetup -getftpproxy <networkservice>
<networkservice>のFTPプロキシ(サーバー、ポート、有効な値)情報を表示します。

使用法:networksetup -setftpproxy <ネットワークサービス> <ドメイン> <ポート番号> <認証済み> <ユーザー名> <パスワード>
<domain>と<portnumber>を使用して<networkservice>のFTPプロキシを設定します。プロキシをオンにします。オプションで、<authenticated>に<on>または<off>を指定して、認証済みプロキシのサポートを有効または無効にします。認証プロキシサポートをオンにする場合は、<username>と<password>を指定します。

使用法:networksetup -setftpproxystate <networkservice> <on off>
FTPプロキシを<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -getwebproxy <networkservice>
<networkservice>のWebプロキシ(サーバー、ポート、有効な値)情報を表示します。

使用法:networksetup -setwebproxy <networkservice> <domain> <port number> <authenticated> <username> <password>
<domain>と<portnumber>を使用して<networkservice>のWebプロキシを設定します。プロキシをオンにします。オプションで、<authenticated>に<on>または<off>を指定して、認証済みプロキシのサポートを有効または無効にします。認証プロキシサポートをオンにする場合は、<username>と<password>を指定します。

使用法:networksetup -setwebproxystate <networkservice> <on off>
Webプロキシを<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -getsecurewebproxy <networkservice>
<networkservice>のセキュアWebプロキシ(サーバー、ポート、有効な値)情報を表示します。

使用法:networksetup -setsecurewebproxy <networkservice> <domain> <port number> <authenticated> <username> <password>
<domain>と<portnumber>を使用して<networkservice>のセキュアWebプロキシを設定します。プロキシをオンにします。オプションで、<authenticated>に<on>または<off>を指定して、認証済みプロキシのサポートを有効または無効にします。認証プロキシサポートをオンにする場合は、<username>と<password>を指定します。

使用法:networksetup -setsecurewebproxystate <networkservice> <on off>
SecureWebプロキシを<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -getstreamingproxy <networkservice>
<networkservice>のストリーミングプロキシ(サーバー、ポート、有効な値)情報を表示します。

使用法:networksetup -setstreamingproxy <ネットワークサービス> <ドメイン> <ポート番号> <認証済み> <ユーザー名> <パスワード>
<domain>と<portnumber>を使用して<networkservice>のストリーミングプロキシを設定します。プロキシをオンにします。オプションで、<authenticated>に<on>または<off>を指定して、認証済みプロキシのサポートを有効または無効にします。認証プロキシサポートをオンにする場合は、<username>と<password>を指定します。

使用法:networksetup -setstreamingproxystate <networkservice> <on off>
ストリーミングプロキシを<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -getgopherproxy <networkservice>
<networkservice>のGopherプロキシ(サーバー、ポート、有効な値)情報を表示します。

使用法:networksetup -setgopherproxy <ネットワークサービス> <ドメイン> <ポート番号> <認証済み> <ユーザー名> <パスワード>
<domain>と<portnumber>を使用して<networkservice>のGopherプロキシを設定します。プロキシをオンにします。オプションで、<authenticated>に<on>または<off>を指定して、認証済みプロキシのサポートを有効または無効にします。認証プロキシサポートをオンにする場合は、<username>と<password>を指定します。

使用法:networksetup -setgopherproxystate <networkservice> <on off>
Gopherプロキシを<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -getsocksfirewallproxy <networkservice>
<networkservice>のSOCKSファイアウォールプロキシ(サーバー、ポート、有効な値)情報を表示します。

使用法:networksetup -setsocksfirewallproxy <ネットワークサービス> <ドメイン> <ポート番号> <認証済み> <ユーザー名> <パスワード>
<domain>と<portnumber>を使用して<networkservice>のSOCKSファイアウォールプロキシを設定します。プロキシをオンにします。オプションで、<authenticated>に<on>または<off>を指定して、認証済みプロキシのサポートを有効または無効にします。認証プロキシサポートをオンにする場合は、<username>と<password>を指定します。

使用法:networksetup -setsocksfirewallproxystate <networkservice> <on off>
SOCKSファイアウォールプロキシを<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -getproxybypassdomains <networkservice>
<networkservice>のバイパスドメイン名を表示します。

使用法:networksetup -setproxybypassdomains <networkservice> <domain1> [domain2] [...]
<networkservice>のバイパスドメインネームサーバーを<domain1> [domain2] [...]に設定します。任意の数
ドメインネームサーバーを指定できます。 <domain1>に「Empty」を指定して、すべてをクリアします
ドメイン名のエントリ。

使用法:networksetup -getproxyautodiscovery <networkservice>
<ネットワークサービス>のプロキシ自動検出がオンかオフかを表示します。

使用法:networksetup -setproxyautodiscovery <networkservice> <on off>
Proxy AutoDiscoveryを<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -getpassiveftp <networkservice>
<networkservice>のパッシブFTPがオンかオフかを表示します。

使用法:networksetup -setpassiveftp <networkservice> <on off>
パッシブFTPを<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -setautoproxyurl <networkservice> <url>
プロキシ自動設定を<networkservice>のurlに設定して有効にします。

使用法:networksetup -getautoproxyurl <networkservice>
<networkservice>のプロキシ自動設定(URL、有効)情報を表示します。

使用法:networksetup -setautoproxystate <networkservice> <on off>
プロキシ自動設定を<on>または<off>に設定します。

使用法:networksetup -getairportnetwork <デバイス名>
<デバイス名>の現在のWi-Fiネットワークを表示します。

使用法:networksetup -setairportnetwork <デバイス名> <ネットワーク> [パスワード]
<デバイス名>のWi-Fiネットワークを<ネットワーク>に設定します。
パスワードが含まれている場合、それはキーチェーンに保存されます。

使用法:networksetup -getairportpower <デバイス名>
<デバイス名>のWi-Fi電源がオンかオフかを表示します。

使用法:networksetup -setairportpower <デバイス名> <オンオフ>
<デバイス名>のWi-Fi電源を<オン>または<オフ>に設定します。

使用法:networksetup -listpreferredwirelessnetworks <デバイス名>
<デバイス名>に優先するワイヤレスネットワークを一覧表示します。

使用法:networksetup -addpreferredwirelessnetworkatindex <デバイス名> <ネットワーク> <インデックス> <セキュリティタイプ> [パスワード]
<index>の<devicename>の優先リストに<network>という名前のワイヤレスネットワークを追加します。
セキュリティタイプの場合、なしの場合はOPEN、WPAパーソナルの場合はWPA、WPAエンタープライズの場合はWPAEを使用します。
WPA2 Personalの場合はWPA2、WPA2 Enterpriseの場合はWPA2E、プレーンWEPの場合はWEP、802.1XWEPの場合は8021XWEP。
パスワードが含まれている場合、それはキーチェーンに保存されます。

使用法:networksetup -removepreferredwirelessnetwork <デバイス名> <ネットワーク>
<デバイス名>の優先ワイヤレスネットワークリストから<ネットワーク>を削除します。

使用法:networksetup -removeallpreferredwirelessnetworks <デバイス名>
<デバイス名>の優先ワイヤレスネットワークリストからすべてのネットワークを削除します。

使用法:networksetup -getnetworkserviceenabled <networkservice>
サービスがオンかオフか(有効か無効か)を表示します。

使用法:networksetup -setnetworkserviceenabled <networkservice> <on off>
<networkservice>を<on>または<off>(有効または無効)に設定します。

使用法:networksetup -createnetworkservice <newnetworkservicename> <hardwareport>
ポート<hardwareport>に<networkservice>という名前のサービスを作成します。新しいサービスはデフォルトで有効になります。

使用法:networksetup -renamenetworkservice <networkservice> <newnetworkservicename>
<networkservice>の名前を<newnetworkservicename>に変更します。

使用法:networksetup -duplicatenetworkservice <networkservice> <newnetworkservicename>
<networkservice>を複製し、<newnetworkservicename>という名前を付けます。

使用法:networksetup -removenetworkservice <networkservice>
<networkservice>という名前のサービスを削除します。これが<networkservice>がオンになっているハードウェアポート上の唯一のサービスである場合、失敗します。

使用法:networksetup -ordernetworkservices <service1> <service2> <service3> <...>
指定された順序でサービスを注文します。 「-listnetworkserviceorder」を使用してサービスオーダーを表示します。
注:スペースを含むサービス名は引用符で囲みます(例:「ビルトインイーサネット」)。

使用法:networksetup -setMTUAndMediaAutomatically <ハードウェアポートまたはデバイス名>
指定されたハードウェアポートまたはデバイスを設定し直して、MTUとメディアを自動的に設定します。

使用法:networksetup -getMTU <ハードウェアポートまたはデバイス名>
指定されたハードウェアポートまたはデバイスのMTU値を取得します。

使用法:networksetup -setMTU <ハードウェアポートまたはデバイス名> <値>
指定されたハードウェアポートまたはデバイスのMTUを設定します。

使用法:networksetup -listvalidMTUrange <ハードウェアポートまたはデバイス名>
指定されたハードウェアポートまたはデバイスの有効なMTU範囲をリストします。

使用法:networksetup -getmedia <ハードウェアポートまたはデバイス名>
指定されたハードウェアポートまたはデバイス上のメディアとアクティブメディアの両方の現在の設定を表示します。

使用法:networksetup -setmedia <ハードウェアポートまたはデバイス名> <サブタイプ> [option1] [option2] [...]
サブタイプに指定されたハードウェアポートまたはデバイスのメディアを設定します。オプションの[option1]と、サブタイプに応じた追加オプションを指定します。有効なオプションはいくつでも指定できます。

使用法:networksetup -listvalidmedia <ハードウェアポートまたはデバイス名>
ハードウェアポートまたはデバイス名の有効なメディアオプションを一覧表示します。使用可能なサブタイプとサブタイプごとのオプションを列挙します。

使用法:networksetup -createVLAN <VLAN名> <デバイス名> <タグ>
一意のタグ<tag>を持つデバイス<devicename>上に<VLANname>という名前のVLANを作成します。デフォルトのネットワークサービスがVLAN上に作成されます。

使用法:networksetup -deleteVLAN <VLAN名> <デバイス名> <タグ>
一意のタグ<tag>を持つ親デバイス<devicename>上の名前<VLANname>のVLANを削除します。 VLAN上で実行されているネットワークサービスがある場合、それらは削除されます。

使用法:networksetup -listVLANs
作成されたVLANを一覧表示します。

使用法:networksetup -listdevicesthatsupportVLAN
VLANをサポートするデバイスを一覧表示します。

使用法:networksetup -isBondSupported <デバイス名、つまりen0>
指定されたデバイスをボンドに追加できる場合は、YESを返します。できない場合はNO。

使用法:networksetup -createBond <ユーザー定義名> <デバイス名1> <デバイス名2> <...>
新しいボンドを作成し、ユーザー定義の名前を付けます。指定されたデバイスがある場合は、ボンドに追加します。

使用法:networksetup -deleteBond <ボンド名、つまり、bond0>
指定したデバイス名の結合を削除します。

使用法:networksetup -addDeviceToBond <デバイス名> <ボンド名>
指定されたデバイスを指定されたボンドに追加します。

使用法:networksetup -removeDeviceFromBond <デバイス名> <ボンド名>
指定されたボンドから指定されたデバイスを削除します

使用法:networksetup -listBonds
すべての債券を一覧表示します。

使用法:networksetup -showBondStatus <結合名、つまり、bond0>
指定したボンドのステータスを表示します。

使用法:networksetup -listpppoeservices
現在のセットのすべてのPPPoEサービスを一覧表示します。

使用法:networksetup -showpppoestatus <サービス名、つまりMyPPPoEService>
指定されたPPPoEサービスのステータスを表示します。

使用法:networksetup -createpppoeservice <デバイス名、つまりen0> <サービス名> <アカウント名> <パスワード> [pppoeサービス名]
指定されたサービス名を使用して、指定されたデバイス上にPPPoEサービスを作成します。
「pppoeサービス名」はオプションであり、サービスプロバイダーによってサポートされていない場合があります。

使用法:networksetup -deletepppoeservice <サービス名>
PPPoEサービスを削除します。

使用法:networksetup -setpppoeaccountname <サービス名> <アカウント名>
指定したサービスのアカウント名を設定します。

使用法:networksetup -setpppoepassword <サービス名> <パスワード>
指定されたサービスのキーチェーンに保存されているパスワードを設定します。

使用法:networksetup -connectpppoeservice <サービス名>
PPPoEサービスを接続します。

使用法:networksetup -disconnectpppoeservice <サービス名>
PPPoEサービスを切断します。

使用法:networksetup -getcurrentlocation
現在地の名前を表示します。

使用法:networksetup -listlocations
すべての場所を一覧表示します。

使用法:networksetup -createlocation <場所名> [入力]
指定された名前で新しいネットワークの場所を作成します。
オプションの用語「populate」が含まれている場合、場所にはデフォルトのサービスが入力されます。

使用法:networksetup -deletelocation <場所名>
場所を削除します。

使用法:networksetup -switchtolocation <ロケーション名>
指定した場所を現在の場所にします。

使用法:networksetup -version
networksetupツールのバージョンを表示します。

使用法:networksetup -help
これらのヘルプリストを表示します。

使用法:networksetup -printcommands
コマンドのクイックリストを表示します(説明なし)。

パスワードを受け取るコマンドはすべて、パスワードをstdinから読み取る必要があることを示す-を受け入れます。

networksetupツールには、ネットワーク設定を変更するために少なくとも管理者権限が必要です。 [システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]で[システム環境設定にアクセスするために管理者パスワードが必要]オプションが選択されている場合、ネットワーク設定を変更するにはroot権限が必要です。

原文

networksetup Help Information
-------------------------------
Usage: networksetup -listnetworkserviceorder
	Display services with corresponding port and device in order they are tried for connecting
	to a network. An asterisk (*) denotes that a service is disabled.

Usage: networksetup -listallnetworkservices
	Display list of services. An asterisk (*) denotes that a network service is disabled.

Usage: networksetup -listallhardwareports
	Display list of hardware ports with corresponding device name and ethernet address.

Usage: networksetup -detectnewhardware
	Detect new network hardware and create a default network service on the hardware.

Usage: networksetup -getmacaddress <hardwareport or device name>
	Display ethernet (or Wi-Fi) address for hardwareport or device specified.

Usage: networksetup -getcomputername
	Display the computer name.

Usage: networksetup -setcomputername <name>
	Set the computer's name (if valid) to <name>.

Usage: networksetup -getinfo <networkservice>
	Display IPv4 address, IPv6 address, subnet mask,
	router address, ethernet address for <networkservice>.

Usage: networksetup -setmanual <networkservice> <ip> <subnet> <router>
	Set the <networkservice> TCP/IP configuration to manual with IP address set to ip,
	Subnet Mask set to subnet, and Router address set to router.

Usage: networksetup -setdhcp <networkservice> [clientid]
	Set the <networkservice> TCP/IP configuration to DHCP. You can set the
 	DHCP client id to the optional [clientid]. Specify "Empty" for [clientid]
	to clear the DHCP client id.

Usage: networksetup -setbootp <networkservice>
	Set the <networkservice> TCP/IP configuration to BOOTP.

Usage: networksetup -setmanualwithdhcprouter <networkservice> <ip> 
	Set the <networkservice> TCP/IP configuration to manual with DHCP router with IP address set
	to ip.

Usage: networksetup -getadditionalroutes <networkservice>
	Get additional IPv4 routes associated with <networkservice>
Usage: networksetup -setadditionalroutes <networkservice> [ <dest> <mask> <gateway> ]*
	Set additional IPv4 routes associated with <networkservice>
	by specifying one or more [ <dest> <mask> <gateway> ] tuples.
	Remove additional routes by specifying no arguments.
	If <gateway> is "", the route is direct to the interface
Usage: networksetup -setv4off <networkservice> 
	Turn IPv4 off on <networkservice>. 

Usage: networksetup -setv6off <networkservice> 
	Turn IPv6 off on <networkservice>. 

Usage: networksetup -setv6automatic <networkservice> 
	Set the service to get its IPv6 info automatically. 

Usage: networksetup -setv6LinkLocal <networkservice> 
	Set the service to use its IPv6 only for link local. 

Usage: networksetup -setv6manual <networkservice> <address> <prefixlength> <router>
	Set the service to get its IPv6 info manually.
	Specify <address> <prefixLength> and <router>.

Usage: networksetup -getv6additionalroutes <networkservice>
	Get additional IPv6 routes associated with <networkservice>
Usage: networksetup -setv6additionalroutes <networkservice> [ <dest> <prefixlength> <gateway> ]*
	Set additional IPv6 routes associated with <networkservice>
	by specifying one or more [ <dest> <prefixlength> <gateway> ] tuples.
	Remove additional routes by specifying no arguments.
	If <gateway> is "", the route is direct to the interface
Usage: networksetup -getdnsservers <networkservice>
	Display DNS info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setdnsservers <networkservice> <dns1> [dns2] [...] 
	Set the <networkservice> DNS servers to <dns1> [dns2] [...]. Any number of dns servers can be
	specified. Specify "Empty" for <dns1> to clear all DNS entries.

Usage: networksetup -getsearchdomains <networkservice>
	Display Domain Name info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setsearchdomains <networkservice> <domain1> [domain2] [...] 
	Set the <networkservice> Domain Name servers to <domain1> [domain2] [...]. Any number of Domain Name
 	servers can be specified. Specify "Empty" for <domain1> to clear all Domain Name entries.

Usage: networksetup -create6to4service <newnetworkservicename> 
	Create a 6 to 4 service with name <newnetworkservicename>.

Usage: networksetup -set6to4automatic <networkservice> 
	Set the service to get its 6 to 4 info automatically. 

Usage: networksetup -set6to4manual <networkservice> <relayaddress>
	Set the service to get its 6 to 4 info manually. 
	Specify <relayaddress> for the relay address.

Usage: networksetup -getftpproxy <networkservice>
	Display FTP proxy (server, port, enabled value) info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setftpproxy <networkservice> <domain> <port number> <authenticated> <username> <password>
	Set FTP proxy for <networkservice> with <domain> and <port number>. Turns proxy on. Optionally, specify <on> or <off> for <authenticated> to enable and disable authenticated proxy support. Specify <username> and <password> if you turn authenticated proxy support on.

Usage: networksetup -setftpproxystate <networkservice> <on off>
	Set FTP proxy to  either <on> or <off>.

Usage: networksetup -getwebproxy <networkservice>
	Display Web proxy (server, port, enabled value) info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setwebproxy <networkservice> <domain> <port number> <authenticated> <username> <password>
	Set Web proxy for <networkservice> with <domain> and <port number>. Turns proxy on. Optionally, specify <on> or <off> for <authenticated> to enable and disable authenticated proxy support. Specify <username> and <password> if you turn authenticated proxy support on.

Usage: networksetup -setwebproxystate <networkservice> <on off>
	Set Web proxy to  either <on> or <off>.

Usage: networksetup -getsecurewebproxy <networkservice>
	Display Secure Web proxy (server, port, enabled value) info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setsecurewebproxy <networkservice> <domain> <port number> <authenticated> <username> <password>
	Set Secure Web proxy for <networkservice> with <domain> and <port number>. Turns proxy on. Optionally, specify <on> or <off> for <authenticated> to enable and disable authenticated proxy support. Specify <username> and <password> if you turn authenticated proxy support on.

Usage: networksetup -setsecurewebproxystate <networkservice> <on off>
	Set SecureWeb proxy to  either <on> or <off>.

Usage: networksetup -getstreamingproxy <networkservice>
	Display Streaming proxy (server, port, enabled value) info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setstreamingproxy <networkservice> <domain> <port number> <authenticated> <username> <password>
	Set Streaming proxy for <networkservice> with <domain> and <port number>. Turns proxy on. Optionally, specify <on> or <off> for <authenticated> to enable and disable authenticated proxy support. Specify <username> and <password> if you turn authenticated proxy support on.

Usage: networksetup -setstreamingproxystate <networkservice> <on off>
	Set Streaming proxy to  either <on> or <off>.

Usage: networksetup -getgopherproxy <networkservice>
	Display Gopher proxy (server, port, enabled value) info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setgopherproxy <networkservice> <domain> <port number> <authenticated> <username> <password>
	Set Gopher proxy for <networkservice> with <domain> and <port number>. Turns proxy on. Optionally, specify <on> or <off> for <authenticated> to enable and disable authenticated proxy support. Specify <username> and <password> if you turn authenticated proxy support on.

Usage: networksetup -setgopherproxystate <networkservice> <on off>
	Set Gopher proxy to  either <on> or <off>.

Usage: networksetup -getsocksfirewallproxy <networkservice>
	Display SOCKS Firewall proxy (server, port, enabled value) info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setsocksfirewallproxy <networkservice> <domain> <port number> <authenticated> <username> <password>
	Set SOCKS Firewall proxy for <networkservice> with <domain> and <port number>. Turns proxy on. Optionally, specify <on> or <off> for <authenticated> to enable and disable authenticated proxy support. Specify <username> and <password> if you turn authenticated proxy support on.

Usage: networksetup -setsocksfirewallproxystate <networkservice> <on off>
	Set SOCKS Firewall proxy to  either <on> or <off>.

Usage: networksetup -getproxybypassdomains <networkservice>
	Display Bypass Domain Names for <networkservice>.

Usage: networksetup -setproxybypassdomains <networkservice> <domain1> [domain2] [...]
	Set the Bypass Domain Name Servers for <networkservice> to <domain1> [domain2] [...]. Any number of
	Domain Name servers can be specified. Specify "Empty" for <domain1> to clear all
	Domain Name entries.

Usage: networksetup -getproxyautodiscovery <networkservice>
	Display whether Proxy Auto Discover is on or off for <network service>.

Usage: networksetup -setproxyautodiscovery <networkservice> <on off>
	Set Proxy Auto Discovery to either <on> or <off>.

Usage: networksetup -getpassiveftp <networkservice>
	Display whether Passive FTP is on or off for <networkservice>.

Usage: networksetup -setpassiveftp <networkservice> <on off>
	Set Passive FTP to either <on> or <off>.

Usage: networksetup -setautoproxyurl <networkservice> <url>
	Set proxy auto-config to url for <networkservice> and enable it.

Usage: networksetup -getautoproxyurl <networkservice>
	Display proxy auto-config (url, enabled) info for <networkservice>.

Usage: networksetup -setautoproxystate <networkservice> <on off>
	Set proxy auto-config to either <on> or <off>.

Usage: networksetup -getairportnetwork <device name>
	Display current Wi-Fi Network for <device name>.

Usage: networksetup -setairportnetwork <device name> <network> [password]
	Set Wi-Fi Network to <network> for <device name>.
	If a password is included, it gets stored in the keychain.

Usage: networksetup -getairportpower <device name>
	Display whether Wi-Fi power is on or off for <device name>.

Usage: networksetup -setairportpower <device name> <on off>
	Set Wi-Fi power for <device name> to either <on> or <off>.

Usage: networksetup -listpreferredwirelessnetworks <device name>
	List the preferred wireless networks for <device name>.

Usage: networksetup -addpreferredwirelessnetworkatindex <device name> <network> <index> <security type> [password]
	Add wireless network named <network> to preferred list for <device name> at <index>.
	For security type, use OPEN for none, WPA for WPA Personal, WPAE for WPA Enterprise, 
	WPA2 for WPA2 Personal, WPA2E for WPA2 Enterprise, WEP for plain WEP, and 8021XWEP for 802.1X WEP.
	If a password is included, it gets stored in the keychain.

Usage: networksetup -removepreferredwirelessnetwork <device name> <network>
	Remove <network> from the preferred wireless network list for <device name>.

Usage: networksetup -removeallpreferredwirelessnetworks <device name>
	Remove all networks from the preferred wireless network list for <device name>.

Usage: networksetup -getnetworkserviceenabled <networkservice>
	Display whether a service is on or off (enabled or disabled).

Usage: networksetup -setnetworkserviceenabled <networkservice> <on off>
	Set <networkservice> to either <on> or <off> (enabled or disabled).

Usage: networksetup -createnetworkservice <newnetworkservicename> <hardwareport>
	Create a service named <networkservice> on port <hardwareport>. The new service will be enabled by default.

Usage: networksetup -renamenetworkservice <networkservice> <newnetworkservicename>
	Rename <networkservice> to <newnetworkservicename>.

Usage: networksetup -duplicatenetworkservice <networkservice> <newnetworkservicename>
	Duplicate <networkservice> and name it with <newnetworkservicename>.

Usage: networksetup -removenetworkservice <networkservice>
	Remove the service named <networkservice>. Will fail if this is the only service on the hardware port that <networkservice> is on.

Usage: networksetup -ordernetworkservices <service1> <service2> <service3> <...>
	Order the services in order specified. Use "-listnetworkserviceorder" to view service order.
	Note: use quotes around service names which contain spaces (ie. "Built-in Ethernet").

Usage: networksetup -setMTUAndMediaAutomatically <hardwareport or device name>
	Set hardwareport or device specified back to automatically setting the MTU and Media.

Usage: networksetup -getMTU <hardwareport or device name>
	Get the MTU value for hardwareport or device specified.

Usage: networksetup -setMTU <hardwareport or device name> <value>
	Set MTU for hardwareport or device specified.

Usage: networksetup -listvalidMTUrange <hardwareport or device name>
	List the valid MTU range for hardwareport or device specified.

Usage: networksetup -getmedia <hardwareport or device name>
	Show both the current setting for media and the active media on hardwareport or device specified.

Usage: networksetup -setmedia <hardwareport or device name> <subtype> [option1] [option2] [...]
	Set media for hardwareport or device specified to subtype. Specify optional [option1] and additional options depending on subtype. Any number of valid options can be specified.

Usage: networksetup -listvalidmedia <hardwareport or device name>
 	List valid media options for hardwareport or device name. Enumerates available subtypes and options per subtype.

Usage: networksetup -createVLAN <VLAN name> <device name> <tag>
	Create a VLAN with name <VLAN name> over device <device name> with unique tag <tag>. A default network service will be created over the VLAN.

Usage: networksetup -deleteVLAN <VLAN name> <device name> <tag>
	Delete the VLAN with name <VLAN name> over the parent device <device name> with unique tag <tag>. If there are network services running over the VLAN they will be deleted.

Usage: networksetup -listVLANs
	List the VLANs that have been created.

Usage: networksetup -listdevicesthatsupportVLAN
	List the devices that support VLANs.

Usage: networksetup -isBondSupported <device name ie., en0>
	Return YES if the specified device can be added to a bond. NO if it cannot.

Usage: networksetup -createBond <user defined name> <device name 1> <device name 2> <...>
	Create a new bond and give it the user defined name. Add the specified devices, if any, to the bond.

Usage: networksetup -deleteBond <bond name ie., bond0>
	Delete the bond with the specified device-name.

Usage: networksetup -addDeviceToBond <device name> <bond name> 
	Add the specified device to the specified bond.

Usage: networksetup -removeDeviceFromBond <device name> <bond name>
	Remove the specified device from the specified bond

Usage: networksetup -listBonds
	List all of the bonds.

Usage: networksetup -showBondStatus <bond name ie., bond0>
	Display the status of the specified bond.

Usage: networksetup -listpppoeservices
	List all of the PPPoE services in the current set.

Usage: networksetup -showpppoestatus <service name ie., MyPPPoEService>
	Display the status of the specified PPPoE service.

Usage: networksetup -createpppoeservice <device name ie., en0> <service name> <account name> <password> [pppoe service name]
	Create a PPPoE service on the specified device with the service name specified.
	The "pppoe service name" is optional and may not be supported by the service provider.

Usage: networksetup -deletepppoeservice <service name>
	Delete the PPPoE service.

Usage: networksetup -setpppoeaccountname <service name> <account name>
	Sets the account name for the specified service.

Usage: networksetup -setpppoepassword <service name> <password>
	Sets the password stored in the keychain for the specified service.

Usage: networksetup -connectpppoeservice <service name>
	Connect the PPPoE service.

Usage: networksetup -disconnectpppoeservice <service name>
	Disconnect the PPPoE service.

Usage: networksetup -getcurrentlocation
	Display the name of the current location.

Usage: networksetup -listlocations
	List all of the locations.

Usage: networksetup -createlocation <location name> [populate]
	Create a new network location with the spcified name.
	If the optional term "populate" is included, the location will be populated with the default services.

Usage: networksetup -deletelocation <location name>
	Delete the location.

Usage: networksetup -switchtolocation <location name>
	Make the specified location the current location.

Usage: networksetup -version
	Display version of networksetup tool.

Usage: networksetup -help
	Display these help listings.

Usage: networksetup -printcommands
	Displays a quick listing of commands (without explanations).

Any command that takes a password, will accept - to indicate the password should be read from stdin.

The networksetup tool requires at least admin privileges to change network settings. If the "Require an administrator password to access system-wide preferences" option is selected in System Preferences > Security & Privacy, then root privileges are required to change network settings.
Mac
広告
一郎くんどっとこむ