Raspberry Pi Zero WHを、ディスプレイもキーボードもつなげずSSH接続できるようにMacから設定した

IT

秋月電子で見かけてRaspberry Pi Zeroを衝動買いしてしまったが、キーボードを持っていないのでMacだけでセットアップした。

Raspberry Pi OS(旧称Raspbian)のインストール

※いつのまにかOS名が変わったようだ。ラズビアンという響きが刺激的だったのに。

・OSイメージをダウンロードする。
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspberry-pi-os/
(私の場合、デスクトップは不要なのでLiteを選択。)

・MacにEtcherが入っていなければインストールする。
Homebrewでコマンドからもインストールできる。

$ brew install balenaetcher

・MacにMicroSDカードを挿入し、EtcherでOSイメージを書き込む。

SDカードをMacにマウントする

SDカードへの書き込みが終わったら、そのままではマウントされないので一度SDカードを抜いて挿し直すと/Volumes/bootにマウントされる。

SSHを有効にする

コマンドラインから

$ touch /Volumes/boot/ssh

として、空のファイルを置いてあげる。

公式ドキュメントの説明はこちら。

SSH (Secure Shell) - Raspberry Pi Documentation
Need to access a Raspberry Pi, but don’t have a monitor spare? This section provides basic instructions for setting up remote access.

こちらの方が説明が解りやすい。

A security update for Raspbian PIXEL - Raspberry Pi
A couple of important changes to Raspberry Pi's default operating system explained.

SSIDとパスワードを書き込む

$ vi /Volumes/boot/wpa_supplicant.conf

で以下のように記述する。(ssidpskは環境に応じて書き換えること。)

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP

network={
 ssid="<Name of your wireless LAN>"
 psk="<Password for your wireless LAN>"
}

公式ドキュメントの該当箇所はこちら。

Setting up a Raspberry Pi headless - Raspberry Pi Documentation
Documentation in this section includes basic guides to configuring your Raspberry Pi.

SSH接続

MicroSDカードを本体に差し込んでUSB電源を挿すと起動する。しばらく待機するとSSHで接続できる。パスワードはraspberryである。

$ ssh pi@raspberrypi.local

おまけ:Mac側の公開鍵をラズパイに登録

いちいちパスワードを入力するのは面倒なので公開鍵を渡しておく。Mac側とラズパイの双方で、~/.sshというディレクトリが存在しなければ

$ ssh-keygen

と打つ。いろいろ聞かれるが何も考えずエンターを連打してよい。終わると~/.sshというディレクトリができている。

Mac側で

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy

と打って公開鍵の内容をコピーし(pbcopyは標準入力の内容をクリップボードにコピーするコマンド)、ラズパイ側のターミナルでauthorized_keysに書き込む。

pi@raspberrypi:~ $ vi ~/.ssh/authorized_keys

ファイルを保存したらアクセス権を変更する。

pi@raspberrypi:~ $ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

以上

コメント

  1. […] […]